BlogEditorブログ

Editorブログ

2021.07.14

【副業詐欺には要注意!】詐欺に遭いやすい副業5つと詐欺対策について解説!

 

コロナ禍の影響で副業を始める人が増えてきましたが、同時に副業詐欺も横行するようになりました。

副業詐欺は、副業を装って高額な教材や商品を買わせたり個人情報を盗んだりと様々な手口があるのです。

本記事では、あなたが副業で詐欺にあわないために、詐欺に遭いやすい副業や詐欺にあわないための対策、詐欺にあってしまったときの対処法について解説します。

この記事の結論
  • 詐欺に遭いやすい副業が存在する
  • 逆に、詐欺に遭いにくく健全に始めやすい副業もある
  • 詐欺に遭ってしまったら早めに専門家に相談する

詐欺に遭いやすい副業5つ

副業の参入者が増えていると同時に副業を装った詐欺も横行しており、多額のお金を騙し取られる被害者も多くいるのが現実となっています。

副業詐欺で被害の多いジャンルは以下の通りです。

  • SNS
  • ネットショップ制作
  • 情報商材
  • 会員登録
  • 資格取得

では解説していきます。

SNS

近年はSNSによる副業詐欺が多発しています。様々な手口で詐欺が行われているので、副業を始める際にはよく吟味しましょう。

副業詐欺の被害に遭いやすいSNSは以下の3つがあります。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

Facebook

Facebookでは、副業の勧誘を目的としたダイレクトメッセージが届くことがあります。

メッセージの多くは投資に関する内容であったり、振り込め詐欺の手伝いの内容などであり、一歩間違えると犯罪者になってしまう危険性もあります。

Twitter

最近では持続型給付金を不正に受給して逮捕される若者が多くいましたが、このような闇バイトもTwitterで募集されていたようです。

Twitterには他にも「フォローorリツイートで現金をプレゼントする」と書かれたツイートがたくさん呟かれていたりと、つい手を出してしまいそうなものまであります。

LINE

LINEも今では誰もが公式LINEアカウントを作ることが可能で、LINEから中身のない情報商材や商品を売りつけてお金を稼ぐ悪徳な人もいます。

そして上手くお金を稼げた詐欺実行犯は、アカウントを早々と消すため痕跡を残しません。コロナ禍もあってかSNS副業詐欺が増えているためより注意するべきです。

ネットショップ制作

「すごく儲かる」といった巧妙なセールストークでネットショップの制作を持ちかける詐欺は、10年以上前から出始めました。

高額な制作費を支払うもネットショップから売り上げが出ず、苦情の連絡を入れようとしても即に連絡が繋がらない状態になることがほとんどです。

連絡がつかなくなると泣き寝入りしなければならないことも多く、なんとしても被害に遭う前に見極めたいところです。

ネットショップ制作でも一括で多額な金額を請求してきたりした場合は、詐欺を疑った方がいいかもしれません。

情報商材

情報商材は副業ブームが来てから増えてきたビジネス商法です。

主に副業で稼ぐためのノウハウが書かれており、稼ぐための情報を手に入れるために情報商材を購入する流れになります。

しかし情報商材に関する詐欺で多いのが、高額で商材を販売して購入してみると中身が薄っぺらく、稼げるスキルが身に付かなかったケースです。

情報商材を購入するときは販売元をしっかり確認することが重要になります。

悪質な情報商材を販売する人は、基本的に販売元の情報を載せないことが多いため身元が分からないところから購入するのは避けましょう。

会員登録

会員登録による詐欺は、高単価な仕事などの紹介をしてくれるサイトへ誘導して手数料を取る手法です。

最初は「登録することで稼ぐことができる」と聞こえの良いように宣伝し、いざ登録するとまったく稼げず、手数料だけ取られてしまうのがオチとなっています。

登録するのに会員から手数料を取るサービスには手を出さないことが賢明です。

資格取得

資格取得をして、仕事も紹介してくれることを宣伝する「資格取得詐欺」も多く見受けられます。

資格を得るために高額な教材を買わせ、資格を取ったのは良いものの仕事を全まったく紹介してくれないケースが多いです。

また、教材すら送られないこともあるため、資格取得に関して営業をうけた場合は詐欺かどうか慎重に見極める必要があります。

資格は高額な教材を買わずとも取得できる方法もあるため、勉強に使う教材は自分で決めることをおすすめします。

詐欺に遭わずに健全に副業をする方法

副業には詐欺が横行しているイメージが強いですが、健全な副業もあるため心配はいりません。

ただ、働いた対価をしっかり受け取れる方法を選ぶことが重要になるため、次にご紹介する方法で副業を始めてみることをおすすめします。

  • クラウドソーシング
  • アフィリエイト
  • せどり

クラウドソーシング

クラウドソーシングサイトは、企業と個人をつなぐビジネスマッチングサイトです。

発注者の個人または法人が作業者を募集し、仕事を求めている人(受注者)が応募することで仕事を獲得できる流れが一般的。

仕事の種類は豊富で、

  • ライティング
  • Webデザイン
  • 文字起こし
  • データ入力
  • 動画編集

など誰でも手が出せそうな仕事がたくさんあります。

代表的なクラウドソーシングサイトとして「クラウドワークス」や「ランサーズ」があり、多くの人が仕事を求めて登録しています。

クラウドワークスは認定基準に満たせば「プロクラウドワーカー」に認定され、高単価な仕事を受けやすくなり報酬もアップ。

ランサーズも「認定ランサー」に選ばれることで運営からのサポートが厚くなったり、おすすめランサーとしてサイト内の各種ページに掲載されたりなどメリットが豊富です。

また、クラウドソーシングサイトは無料で登録できるところもポイントとなります。

ただ、最初は実績を積むところからスタートするため、低い単価で仕事がスタートすることがほとんど。

地道に実績を積むことで、発注者から信頼されやすくなり仕事の受注量も増えていくでしょう。手軽に副業を始めてみたい人は、クラウドソーシングサイトに登録することをおすすめします。

アフィリエイト

アフィリエイトは、自分のブログ記事や発信媒体に商品リンクなどを貼り付けることで報酬を手に入れる手法です。

有名どころとして、

  • Googleアドセンス
  • 楽天アフィリエイト
  • Amazonアソシエイト
  • A8.net
  • もしもアフィリエイト

といったアフィリエイトサービスがあります。

アフィリエイトを行なう人の多くは自分でブログを立ち上げ、記事の中で広告を張ることがメインとなります。

月1万円ほどであれば誰でも到達できる可能性はありますが、月5万円以上となると自分で作成した記事の検索順位を上位に上げるテクニックも必要です。

長い目で見て継続する自信がある人は挑戦してみても良いかもしれません。

せどり

せどりとは、簡単にいうとネット通販サイトなどから安く品を購入して販売し、購入額と販売額の差額分を利益とするビジネス方法です。

まず販売する品を仕入れるわけですが、仕入れが多いと居住空間を狭くする恐れがあり家の中がものだらけになる可能性も。

また梱包なども自分で行なうと時間がかなり取られるため、自分のプライベートの時間を確保しにくいデメリットもあります。

もし部屋のスペースに余裕があって、地道に継続していけそうな人は挑戦してみても良いかもしれません。

副業で詐欺にあった場合の対処法

もし詐欺の被害に遭ってしまったら、早急に次のどれかに電話しましょう。

  • 消費者ホットライン「188」
  • 警察相談専用ダイヤル「#9110」
  • 法テラス 法的被害「0570-078374」
  • 法テラス 犯罪被害「0570-079714」

被害に遭ったとしても、早めに対処することでお金を取り戻せる場合があります。

ただ、そのためには早めに気付くことが重要なので、もし支払ってしまったらすぐに詐欺かどうか確認することが大事です。

まとめ

副業がはやりはじめて、副業に関する詐欺も増えてきています。

もしあなたが副業を始めようとしているのであれば、本記事を参考にして副業詐欺の被害に遭わないよう事前に頭に入れておくことが重要です。